ブラック融資

長期延滞中は審査が厳しい!借りれる所と方法は?

  • 長期延滞でも借りれる金融機関が知りたい!
  • 大手消費者金融は無理だった、中小ならOK?
  • 延滞ブラックはどうしたらいい?

おそらく多くの「長期延滞中」の人が期待を寄せているのは、中小消費者金融の独自審査でしょう。

確かに中小消費者金融は審査が甘いとされており、ブラックでも借りれるという口コミは豊富にあります。しかし、すべてのブラックに対応しているわけではありません。

どこからから借り入れした事を忘れ、その返済を滞納していたり長期にわたって延滞したりしていると、一般の金融機関では借り入れができなくなる場合が多いです。

そんな状況でも消費者金融やキャッシングのカードローン会社があることをご存知でしょうか。

ここではそのような返済滞納者の方や、長期延滞者の方向けのお金を借りられる消費者金融やキャッシングカードローン会社をご紹介します。

長期延滞でも借りれる?審査の基準をチェック

本来であれば長期延滞はブラックです。消費者金融や銀行カードローンなど融資を行う金融機関では申し込みの際に審査があり、その審査では個人信用情報機関に過去や現在の債務状況を照会しています

  • 61日以上の返済の遅延
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 債務整理

個人信用情報機関は日本に3社あり、それぞれの情報は加盟している金融機関から集め提供をしています。

そのため3社は独立した機関です。しかしブラックとされる情報は異動情報と呼ばれ、3つの個人信用情報機関で共有されています。

つまり、それほど金融機関にとってリスクの高い情報であるということ。

大手消費者金融、銀行カードローンでは自動審査です。コンピューターが申し込み情報の属性スコアリングを行い、個人信用情報機関からの情報照会をして、リスクが高い申込者ははじきます。

長期延滞のブラックでも審査に通るかもしれないなど甘い考えはできません。

キャッシング審査甘い多重ブラックでも借りれる?

長期延滞の場合

延滞期間が3か月(一部2か月)以上になると、個人信用情報機関や金融機関から長期延滞と認識されます。

長期延滞になってしまうと、中小消費者金融であっても多くの場合、審査に通ることが難しいです。

また、延滞が解消したとしても、長期延滞という情報が最長5年間も残り続けます。

長期延滞の記録が残っている内は、大手消費者金融での審査に通ることは難しいですし、クレジットカードや携帯電話の分割払いも難しくなります。

延滞をしている場合でも、3か月の壁は超えないように解決策を探しましょう。

審査が通らない人のカードローン【審査に通る3つのコツ】

「長期延滞」が5年以上前の債権だった場合

実は長期延滞が直近、少なくともここ1~2年のことではなく、5年以上前の債権だった場合には審査に通る可能性があります。

その理由は指定個人信用情報機関への報告の仕組みにあります。

厳密に言うと債務者が延滞をした場合、貸金業者がする仕事としては、Aという顧客について現在の借入残額と次回の返済予定日を入力すれば、前回の返済予定日から本日までの日にちを指定信用情報機関が自動で計算し個人信用情報に履歴がついていきます。

そして遅れながらでも完済(全額返済)した場合には、その旨も指定情報機関に登録することになります。

完済して5年間はその情報が個人信用情報に載ったままですが、5年を経過するとその事故履歴が個人信用情報から消去されるので借入できる可能性が出てくるのです。

個人信用情報の事故履歴の消去作業は厳密に言うと指定信用情報機関が行っているのではなく、債権を有する貸金業者が行っているため、会社によっては「長期延滞」を残したままに放置している場合があります。

長期延滞から5年も経過すれば貸金業者の方でも大抵は不良債権としてその債権を償却してしまっているはずですが、それは会社の経理の上での事務処理であり長期延滞の債権自体は残っているとみなして事故情報を消去しないからです。

こうなると現在延滞中ということになり、借入はかなり難しいでしょう。

この場合も延滞を解消することが一番手っ取り早い方法になります。

5年以上経過しているにもかかわらず、審査に通らない場合には、延滞していた金融機関に相談に行ってみましょう。

総量規制対象外の街金【例外貸付と除外貸付の条件とは】

中小消費者金融なら長期延滞中でも借りられる?

中小消費者金融なら長期延滞中でも借りられるのか。長期延滞中となると大手消費者金融ではまず融資してもらえません。

しかし中小消費者金融などの街金では、我々のようなちょっとお金に困っている人でも融資してもらえる可能性があるのです。

もちろん、お金に困っているからこそ融資をして欲しいのですが、そんな時は街金へ行くのがベスト。

街金では独自審査を行っているので、延滞中でも借りれる金融の一つだと言われています。もし、延滞中でもお金を借りたい人がいるのでしら街金を当たってみるのはいかがでしょうか?

無審査でキャッシングできる金融会社はある?【違法業者に注意】

中小消費者金融の独自審査とは

中小消費者金融の独自審査とは。まず大手消費者金融で使われている審査方法は自動審査です。

毎日多くの新規申込者があり、さらに顧客の利用状況を把握するためにも人の手で行うことはできません。コンピューターで管理され審査が行われています。

もちろん、そこには多くの人が必要であり、システムの開発や管理など莫大な費用がかかるのは大手だからこそできることでしょう。

一方中小消費者金融ではコンピューター審査は行っていません。これをいわゆる独自審査と言います。

  • 申込書に入力した内容から属性スコアリングを行う
  • 個人信用情報機関に過去や現在の信用情報を照会する
  • 勤務先に連絡をして在籍確認する

この3つの審査は大手でも中小消費者金融でも変わりがありません。一つ、大きく違うのが「コンピューター審査ではない」ということ。

コンピューターの自動審査ではなく、スタッフが一つ一つ審査を行っています。

基準には大きな差がありません。返せない人に貸すことはできないのは当然のことです。しかし
「返すための方法を話せる」ことが実は最も重要なポイントになります。

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融・キャッシングカードローン

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融・キャッシングカードローンは以下の通り。

消費者金融会社実質年率(金利)借入限度額備考
株式会社アロー金利15.00%~19.94%200万円借入限度額が多い
セントラル金利4.80%~18.00%100万円実質年率が低くてお得
キャッシングのフタバ金利14.959%~17.950%50万円債務整理等しても申込可
ライフティ金利8.0%~20.0%500万円最短30分のスピード審査
株式会社アルコシステム金利15.00%~20.00%50万円積極的に融資検討
SGファイナンス金利9.85%~18.0%1~300万円新興・小規模だから積極融資

絶対審査が通るカードローンはないの?【審査通過への道】

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融・キャッシングアロー

長期延滞でも借りれると噂になっているのが消費者金融のキャッシング アローです。

アローは、自社で独自の審査をしているため、銀行や大手消費者金融会社ではなかなか審査が通らない延滞した方やブラック、債務整理や自己破産をした人でも積極的に融資を行っているという噂あります。

アローは最短45分で審査が終了する驚異的なスピードが特徴ですが、ただし現在進行形で他社のキャッシング・カードローン・消費者金融会社で返済を滞納していると審査が通らないので注意。

絶対借りれる個人融資とは【怪しい取引の実態と危険性まとめ】

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融・カードローンセントラル

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融がカードローンのセントラル。

セントラルは1973年創業の老舗消費者金融会社です。本社は愛媛県松山市にありますが、全国振込対応しています。

セントラルでは銀行や大手消費者金融会社では借入が難しい、延滞やブラックの方・債務整理や自己破産をした人でも審査対象としています。
大手に出せない特徴で積極的に融資を行っているブラックキャッシング即日極甘審査ファイナンスです。

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融・キャッシングのフタバ

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融だと2chなどで口コミが多数確認されている金融会社キャッシングのフタバです。

長期延滞でも借りれると噂のフタバは東京都千代田区に本社があり、1963年創業と大変歴史のある老舗消費者金融会社です。

「自己破産・債務整理等されている方もまずはお申し込みを!」とうたっているぐらい、他社に比べて積極的に融資をする姿勢を全面に出しています。

老舗ならではの豊富な融資実績と経験から、延滞やブラックなど他社で審査が通らない人にもお金借りたい時に積極的に融資している消費者金融会社です。

限度額が50万円と少なめで気になる人もいるかもしれませんが、実際には中心となる借入額は20万円前後が中心になるため十分だと思います。

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融・カードローンライフティ

長期延滞でも借りれると噂される金融会社で評判なのがライフティです。

ライフティは東京都新宿区歌舞伎町にある消費者金融会社で、他社で審査が通らない方にも積極的に融資を行っています。

1991年の創業ですが、親会社が「株式会社ビジネスパートナー」になったこともあり、2014年に商号を「ライフティ」に変えて再出発しています。

名前を変えて再出発のため、他社に負けない積極融資の姿勢を打ち出し、初めての方は35日間利息0円!などのサービスで競争に勝とうとしているとのこと。

最短30分で審査完了という、業界でもトップレベルのスピードです。また、おまとめローンにも注力しているため、複数社から借入がある方はぜひ申し込んでみてください。

なお、株式会社ビジネスパートナーは、法人・個人事業主向けにファイナンスリースやビジネスローンを行っている業界では大手企業です。親会社がしっかりした会社というのも安心ですね。

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融・キャッシングTRYフィナンシャルサービス

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融ならTRYフィナンシャルサービスです。

キャッシング・消費者金融会社の株式会社TRYフィナンシャルサービスは東京の秋葉原にあります。TRYフィナンシャルサービスは、貸金業者としては2013年創業の新興・小規模な会社のため、大手や中小消費者金融会社に負けないように積極融資を行っています。

最短30分で審査完了という、審査の早さも嬉しいですね。また、おまとめローン(借換ローン)にも注力しています。

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融・キャッシングアルコシステム

長期延滞でも借りれると噂の消費者金融アルコシステム。

創業1983年と老舗にあたるアルコシステムは姫路に本社があります。振込キャッシングで人気実績ともにある消費者金融会社です。

銀行や大手の消費者金融会社、他社の中小消費者金融会社では審査が通らない方でも、お金借りたい時に親身になって審査し貸し出した実績が多数あるとのことです。

長期延滞中の人が審査に通るためにやるべきこと

長期延滞でも借りれるようにするためにはどうすればいいのか。

支払いをせずに放置しっぱなし(長期延滞中)なのであれば、信用情報機関には延滞情報が残ったまま。ですから、普通は他の消費者金融の利用は困難だと言えますが、ヤミ金に手を出すことだけは避けて下さい。

せっかくこのサイトにたどり着いたのですから、借りれるところや借りれる方法を見つけ出しましょう。

  • JICC・CIC等の信用情報の記録を開示請求する
  • 自分が何日遅れているのかを把握する
  • 3ヶ月を超える前に利息以上の返済をする(約定金額である必要はありません)

利息以上の入金をしていなければ、次回返済日が過ぎていると自動的に信用情報には登録されています。

逆に言うと、利息以上の入金をしていれば、簡単にいうと信用情報には延滞はしていないという登録になるのです。

長期延滞中で延滞分の支払いは無理という人はこの後の項目を読み進めてください。

ブラックかどうかはどうやって判断する?

自身が過去に滞納や延滞をしているかも含めてブラック認定されているかどうかを知ることはできるのでしょうか。

実は信用機関は、金融機関に対してだけではなく一般の消費者に対しても本人の情報であれば開示してくれます。具体的には、信用機関に本人が申し込めば、信用機関に加盟しているクレジット会社や消費者金融における契約内容、支払い状況などの信用情報が確認できるのです。

その時に確認できる内容は以下の通りです。

借金まみれでも借りれる?【総量規制との関係性とは】

どこもお金借りれない!【考えられる原因と解決策】

申込情報

クレジットやローンの新規申込み時に支払能力を確認するための情報です。

  • 氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など
  • どこの金融機関が信用情報を照会したかの日付、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名

クレジット情報

金融機関と本人が締結した借り入れの契約内容や支払状況を示す情報です。具体的には

  • 氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号など
  • 契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名など
  • 報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞)保証履行(自己破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況など
  • 割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無など
  • 確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無など
  • 利用記録

クレジットやローンの利用している途中での支払能力を調査するための情報です。具体的には、

  • 氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など
  • 利用日、利用目的、利用会社名など

このうち特に自分がブラックかどうか確認するための情報がクレジット情報です。自分がブラックかどうかを知りたければこれらを確認し、返済の延滞や遅延の情報があるかどうかを見ればよいわけです。

ブラックでも借りられる?【2chの口コミからピックアップ】

ほぼ借りれるところはある?【安全にお金を手にするには】

情報開示を申し込まなくても確認できる

以上の方法が手間だと感じた場合は、情報を開示しなくても以下のものに該当しているかどうか自分で振り返れば、自分がブラックかどうか、長期延滞でも借りれるのかわかります

  • クレジットカードや携帯料金を60日以上、もしくは90日以上滞納または返済遅延したことがある
  • カードローンの支払い遅れをしたことがある
  • 自己破産、任意整理、民事再生をしたことがある
  • その他お金関係でトラブルを起こした経験がある

これらに該当している場合はブラックになっている可能性がかなり高いと言えるでしょう。

ソフト闇金以外でブラックでも借りられるところ【即日融資のみ】

申し込みブラックでも借りられる銀行・消費者金融